昼間から酔っ払いが集う公園

近所にお婆さんがたくさんいる会合住まいがあり、その公営住まいはフランク基盤が一切酷いが、恐らく低収入お婆さんが多いからであろう。
昼団地の内を歩いているって散策はとってもかけ離れたスピードで歩いているのか、徘徊しているのか見分けがつかないような
お婆さんを大勢見掛ける。
コーディネートが茶色やグレーみたいな薄汚れて感じる色彩ばかりで具合が物悲しい。
次に大勢見るのは、便宜関係のゲストや介護コアといった車両が多く、お婆さんの着ている色彩は真逆なオレンジやイエローのカジュアルでは必須着ないであろう色彩のポロシャツを僕にまとい、
異様に甲高い声で挨拶をしてあるサウンドが団地中に響きまくっている。

昼の公園ではちっちゃな家族が遊んでいたり、ダッグアウトで観光していたりという匂いだが、団地の中にある公園も以前とは極めて塩梅が違う。
午前ダッグアウトでお婆さんが数人で集まって缶チューハイを飲んでいるのである。

しばらくするとどこからか手押しモデルを押してお婆さんが続々と公園に群がる。

そうしていつの間にかいくつかいらっしゃるダッグアウトは一般お婆さんで埋まっていた。
何をするわけでもなくボーっとやるお婆さんや飲酒をしながら叫んでいるように話すお婆さんを目の当たりにしてなんとなく末恐ろしくなった。
こんなとこで素晴らしい行く末を背負っている子を遊ばせようなんて親いるわけがない。

昼から飲酒を通して酔っ払い、しかもお婆さんに混じっておじさんの男女も一緒になってタバコをくわえて徘徊して要る。

今の公園のわけがどのようになっているのかは知らないが、こういう公営団地だけが幾らか異彩を放っているのではないかとして仕舞う。ワキの脱毛サロンで安いのは?